FC2ブログ
記事掲載のお知らせです

この秋、東洋医学の専門出版社である東洋学術出版社から「疾患・症例別 漢方治療」というムックシリーズが創刊されました。
そうそうたる治療家が寄稿される中、薬膳のコラム掲載を私が担当させていただきました。
専門誌に書かせていただけた事、年末のこのタイミングにとても嬉しいです。
皆さま、33ページをご覧ください。
症例が豊富に記載されたとても素晴らしい本です。


仕事 | 00:48:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
洗足薬膳お料理教室 12月のご案内
洗足薬膳お料理教室 12月のレッスンご案内

「季節の薬膳レッスン」では、冬に守る五臓の「腎」がテーマとなります。
中医学の中でもミステリアスな機能を持つ「腎」。ホルモンや寿命などと関わる大切な場所です。
冬。温めるだけではない、自分を守るためのセオリーと食事法を覚えませんか?
調理実習は、西洋料理。クリスマスにもさりげなく使えるメニューです。


 12月   真冬の薬膳 

 

 12/1(日) 11:00-14:30 

 12/2(月) 11:00-14:30 

写真は11月の季節の薬膳レッスンより。詳細はHP●でご確認ください
LND_576CB33B-ADB5-4BC1-ABF3-5F5718CE17CD.jpg



お教室 | 11:12:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
洗足薬膳お料理教室 秋の課外授業
洗足薬膳お料理教室
お教室イベント 横浜中華街にて。
聘珍樓横濱本店プレミアム点心+薬膳食材お買い物ツアー

今年も楽しみました。

出発はまず「聘珍樓横濱本店」から。
聘珍樓徳永総点心長による飲茶タイムからスタートです。
作りたてのおいしい点心のほかにも烏骨鶏の壺蒸しスープを堪能しました。
食べるだけでもなくて、
お料理好きの生徒さんたちのためにマーライ醤の使い方も教えていただきました。
中国料理って馴染みはあるのに、おいしさを引き出す本当の作り方を
知っている人は少ないですね。
調味料の量や入れるタイミングなど、すごく勉強になりました。
InkedIMG_0259_LI.jpg
このあとは、薬膳食材をいろいろとお買い物。
ロンガンのおいしいお店や秋の食養生に欠かせない白キクラゲ。
これからの季節に重宝する八角、クローブなどなどのスパイスもゲット。
InkedIMG_0285_LI.jpg

そして、本格的な中国茶のお店、「天仁茗茶」へ。緑茶、黒茶と色々試飲させていただきました。
この季節ならではの味わい金木犀入りの緑茶が大人気。

楽しい時間はあっという間。
みなさん、両手にお買い物をクリスマスツリー状態でぶら下げての姿となりました🎵

中華街ツアーは、お教室のビギナーの方たち向け。
すでにこのツアーに参加されたことのある方たちのために
来週は、フレンチのお店に伺って美味求心にタッチします。




お教室 | 10:59:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
「いいね 44号」に掲載いただきました。
ただいま発売中の「いいね 44号」(クレヨンハウス)様に
和のスパイスのレシピを4点掲載いただきました。
IMG_8935.jpg

和食で取り上げて上げて頂けた事がとても嬉しい。
「なすと鶏肉の柳川鍋風」、これは私の嫁入りレシピです。
IMG_8936.jpg 
実家での通称は、「柳川もどき」。
焼き茄子のトロッとしたところをドジョウに見立てて卵でとじ、粉山椒をいっぱいかけて食べます。
昭和の母の時代のおかずです。
あのころはトンカツもどきとか、すきやきもどきとかいっぱいあった。
安あがりで、量も増やして、ごはんがおかわりできる味付けですが、台所の食材を細々と工夫しているところや、いまのように他国の影響を受けていない昭和レシピが今、なんだか新鮮。
IMG_8818.jpg 
表紙は、枝元なほみ先生です。とってもすてきな笑顔💓
「いいね」は、何度も繰り返してページをめくりたくなる、編集の方の愛情が感じられる本です。
よろしければ、ご一読くださいますと幸いです。


仕事 | 08:22:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
2019 夏
久しぶりの投稿です。
6月、7月とお教室をしっかりやって、聘珍樓のセミナーも8講演行って、
あっというまに過ぎていきました。
長梅雨の涼しさも今年はありがたかったです。

8月はいつものペースで過ごせそう。
きょうは、梅干しの手入れをして
たまったレシートを整理して
たまった写真を少し整理して
私にとっては落ちつく時間。
IMG_7849.jpg

写真は、お教室で生徒さんたちにお出しするお水です。
涼やかに見えて、ほんのりハーブの香りがします。


ステキな時間 | 16:59:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ