秋の休日散歩
秋なのに、文化的なことしてない~。
と思い立ち、紅葉+美術鑑賞をもとめてぶらぶらと出かける。
秋のバラがよいそうだ…というので、旧古川庭園に。
バラはちょっと秋枯れ…アンティークな趣。
むしろ心ひかれたのは、紅葉がはじまった日本庭園のほう。
心字池を中心に紅葉やハゼがうっすらと色づき、
枯山水や大滝が渓谷を思わせる都会の中の大自然にしばし心を休めました。
IMG_0036.jpg
さらに、ここから足を延ばして「東洋文庫ミュージアム」へ。
愛読家なら、よくご存じの場所かもしれませんが、私は初めて。
入館すると、まるで書庫の大舞台のようなすてきな空間が広がります。
IMG_0039.jpg
こんな場所があったなんて…発見!
「モリソン文庫渡来100周年 東方見聞録展~モリソン文庫の至宝」を展示中。

私は薬膳を通じて中国歴史にも興味あるので、なんともエキゾチックなタイトルに惹かれました。

このモリソンというオーストラリア人は、20世紀初頭のジャーナリストであり、探検家であり
なんと中華民国の政治顧問を務めた人です。
彼のコレクションには、清朝の初期の中国の風景図があったり、アヘン戦争に関する書があったり
ものすごくレア。
浅田次郎先生の「蒼穹の昴」の大ファンなので、チュンルを思い浮かべながら
価値ある展示品を閲覧しました。でも、ちょっと難しかったなぁ。
IMG_0038.jpg
美術館の庭の中は、レベルの高そうなレストランもあり
ちょうど貸し切りイベントで、一般は入れなかったのですが
いつかまた行ってみたいと思いました。

スポンサーサイト


ステキな時間 | 19:58:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ