ひとり玉露
 小さな手のひらサイズの紫泥の急須。おちょこをすこし大きくしたくらいの茶碗。

「さいきんひとり玉露に凝っていて」というお姉様のお宅で
こんな可愛らしいおもてなしをしていただきました。
IMG_0074.jpg
急須に自由にお湯を注ぎ、自由に飲む玉露のおいしさ。

あまみが濃くて、柔らかな苦みとビロードのお茶の舌触りが
煎茶でも抹茶でも中国茶でもない、癒しのひとときを
与えてくれます。

スポンサーサイト


| 08:44:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ