FC2ブログ
 
■■NEWS■■                                 
■プロフィール
■畑のこと

 畑シーン雲  ウチの畑は東京から車で一時間半のところにあり、ほぼ週末、通います。近くに海があり、里山があり、きれいな空気に恵まれて、農薬を使わなくても野菜がすくすく元気に育ちます。

■最新記事
■カテゴリ
プーリアの会
友人の濱田幸子さん『プーリアの太陽』という本を出版されました。
その出版記念パーティが先日行われました。
IMG_1330.jpg
今から20年前に南イタリアのプーリアの土地に
単身でコックさんになるべく乗り込んだ幸子さん。
…というとすごく積極的な女性に聞こえますが
素顔の彼女は、むしろ控えめでまじめに企業人として働いている方です。
だから、どれだけ大きな情熱を胸に抱いてイタリアに飛び込んだか…
この『プーリアの太陽』には、
20年立った今でもその熱い思いが読むと伝わります。
それで、パーティのお話!
IMG_1285.jpg
この日は彼女は幸子マンマになって、駒込にあるオステリア セルヴァジーナのキッチンで
プーリアのリストランテ・チェリエのドーラマダムから直伝のリチェッタを振る舞うという趣向です。
高桑シェフはこの日はスーシェフを務めるという懐の大きさも感動もの。
IMG_1271.jpg
プーリア料理は食材が命です。
太陽が育てる野菜。オリーブ。元気な草を食べて育つ羊や牛、そのミルクから作るフレッシュチーズ。
IMG_1289.jpg
それらをあますところなく、いかしたメニューの数々は
口に運ぶたびに口福と元気が広がりました。
IMG_1299.jpg
オレキエッテというプーリアの名物パスタには、縁起担ぎのストーリーもあり
妊婦さんは生まれる子どもの性別をこの
手作りパスタをゆでながら占うそうです。
IMG_1300.jpg
メインは羊の脚のロースト。
彼女がローストを持って現れると歓声が上がりました。
IMG_1325.jpg
長いテーブルを囲んでワイワイ食事を楽しむのもいかにも南イタリア風。
すごい数のメニューを黙々と作りあげました。
IMG_1326.jpg
『プーリアの太陽』
南イタリアの魂が感じられる一冊。
イタリア料理がお好きな方はぜひ読んでみてくださいね。
Amazon こちら


ステキな時間 | 08:13:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ